会社説明会には行くな!

コミュ障就活ノウハウ

んにちは、セキです。

 

 

今回も内定を勝ち獲り、
最速で就活を制する為の
記事を書いていきます。

 

 

今回は会社説明会について書いていきます。

 

あなたは会社説明会へ行きますか?

 

 

最初に言わせて頂きます。
会社説明会は99.8%行く必要はありません。

 

 

この真相を知らないとあなたはいつまで経っても
無意味に会社説明会へ足を運び続け
貴重な時間とお金を浪費します。

 

 

 

 

さらには、説明会に行き過ぎて
無駄に色々な会社に興味を持ち始めて

 

広く浅く就活を進め、結局内定ゼロ

の就職浪人になりかねません

 

もう一度言います。

 

 

会社説明会は99.8%行く必要はありません。
会社説明会で得られる情報は全て
家でも手に入れることができるからです。

 

 

では、残りの0.02%は何なのか。

 

 

それは会社説明会に行く理由が
下記のように明確な場合のみです。

 

 

①説明会に参加しないと選考に進めない
②志望企業が120%明確に決まっていて人事と繋がりたい

 

 

以上の場合は会社説明会の参加も
多少意味があるものになります。

 

 

しかしほとんどの場合

 

私も実際に体験したことですが、会社説明会
に参加しても、当日話されていた内容の中で
特段有益な情報はほとんどありません。

 

 

全部会社のホームページを見れば
分かることばかりだったのです。

 

 

中には、リクナビやマイナビ、
ホームページに記載されている
ことをひたすら読んでいるだけ
という企業もありました。

 

 

特に合同会社説明会に行くと

 

 

まず行き帰りの交通で大体2時間
さらに現地で朝から夕方くらいまで
滞在したとして6時間ほどでしょうか。

 

2時間+6時間=8時間

 

 

完全に時間の無駄だと思いませんか?

でも、こんな不安に陥っていませんか。

 

 

・説明会に行かないと、会社の雰囲気が分からない
・周りが行っているのに、行かないと不安になる

 

 

気持ちは痛いほど分かります。
私もそうでした。

 

しかし、会社説明会で感じる雰囲気と、

実際に会社で働き始めた時に感じる
雰囲気とは全く違うものです。

 

しかも、会社説明会では1人でも多くの

学生に応募してして欲しい。興味を持って
欲しいと思い、色々な配慮をしています。

 

 

会社説明会において学生は
会社にとって「お客様」なのです。

 

 

そのため、当然説明会では、迎え入れる
学生の為に嫌でも良い雰囲気を作ります。

 

それは例えば、

ルックスが良い社員、喋りが上手い社員等
学生にとって良い印象を与えられる社員を選び
その社員に会社説明会に参加して貰うというやり方です。

 

 

学生はその社員を見て

ある程度良い印象は受けるでしょう。

 

 

良い雰囲気を作ってくれるような
社員をあえて選んでいるのですから。

 

 

しかし、その会社説明会に参加した人と

今後一緒に仕事をする可能性は低いです。

 

 

こうした理由で、会社説明会の段階では

学生は完全にお客様ですから、色々な策を使って
良い雰囲気を無理矢理作り出しているのです。

言ってしまえば猫を被っている状態です。

 

企業の本性が出るのは実際に働き始めてからです。

 

 

ただ、会社説明会は企業にとっては宣伝の場
でもありますから、嘘をついたり、演出で
学生に対して良い会社像を映そうとします。

 

 

今後も、企業のそういう行為自体は避けられないでしょう。

 

 

大げさかもしれませんが、会社説明会に行き

説明会の時だけの印象が強く残り、入社後に
「ミスマッチだ!!」
なんてこともあります。

 

 

そして入社早々、会社に嫌気が差して
転職活動という名の就活を再び始めるのです。

 

 

・説明会に行かないと、会社の雰囲気が分からない
・周りが行っているのに、行かないと不安になる

 

 

という不安は痛いほど分かります。

 

 

しかし、前述の通り説明会で感じる
企業の雰囲気はあくまでもうわべ

あることが多いです。

 

 

あなたの周りが説明会に行ってても、
この情報を知ったあなたは周りより
一歩抜きん出ていると思いましょう。

 

 

そして周りから「説明会一緒に行こうぜ」
と言われても、勇気を持ってお断りして下さい。

 

 

説明会に行かないことで得られる貴重な時間
あなたは家で効率的にホームページや、
リクナビ等の就活サイトで企業の情報を
リサーチしていけばいいのです。

 

 

実際私も内定を貰えたほとんどの企業は
説明会に行っていませんでした。

 

 

では、私も実践していた
会社説明会に行かずして
サクサク企業情報の概要を掴み

 

 

会社説明会へ行ったと同様の効果

を得られるテクニックを紹介します。
それは会社ホームページの見方
を以下のポイントに絞って見ていくということです。 

①会社概要

 

②事業内容、サービス
(誰にどんなサービスを提供している会社かを理解する)

 

③業界内のポジション
(競合他社はどこか? 業界内でのシェアは?)

 

④企業の独自の強み
(他社とどこが違うのか?優位性等)

 

⑤会社属性
(上場企業、独立系、オーナー企業等)

 

⑥企業理念や社風

 

⑦求めている人材像

 

 

大きくこの7つのポイントに絞って見ましょう。
ポイントを絞るだけで企業ページの閲覧で
ダラダラと時間を使うことが無くなります。

 

 

ただ、私自身「業界研究は不要」がモットーなので
ざっくりその企業の大枠を知るくらいの気持ち
で見る程度でいいと思います。

 

 

就活は情報戦でもあります。
空いた時間で企業のホームページを
効率的に見て、情報収集をしていきましょう。

 

 

それでは今回は、今すぐできるワークをやりましょう!

 

 

今すぐ、手帳のスケジュールから1社の「会社説明会」

へ行く予定を削除しましょう。

 

 

大丈夫です。

 

 

あなたは今、会社説明会の予定を削除したことで

ざっと3時間の時間を手に入れることができました。

 

 

周囲に流されることなく、手にした時間を
有意義に使うことで、グッと内定に近づきます。

 

 

今回も最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

 

分からないことや不安があれば是非

コメントを頂ければと思います。

 

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。
セキ
このサイトの管理人
セキ@就活コーチング

学生時代から典型的なコミュ障。それ故、就活では人生最大の挫折を経験するも、試行錯誤を経てコミュ障でも内定を勝ち取れるロジックを編み出す。

苦労の末勝ち取ったサラリーマン生活だったが、やりたいことが出来すぎてしまい、一時離脱。(またすぐサラリーマンに戻るかも?)

 現在は自身の経験を活かして就活生の支援事業を行っている。

セキ@就活コーチングをフォローする
コミュ障就活ノウハウ企業研究
スポンサーリンク
シェアする
セキ@就活コーチングをフォローする
コミュ障学生のための「逆転就活術」

コメント