【ES】内定を量産する3つのポイント

エントリーシート

んにちは、セキです。

 

 

今回も内定を勝ち獲り、
最速で就活を制する為の
記事を書いていきます。

 

 

今回の記事ではエントリーシート
について書いていきます。

 

 

今回のノウハウを理解すれば
ESの通過率が驚くほど向上し

 

 

あなたの手帳は面接の予定で
埋め尽くされます。

 

 

そしてあなたの元へ「内定」
の2文字が次々と舞い込んで
来るようになります。

 

 

 

また、就活におけるESの本質
を説明してきますので

 

 

今までモヤモヤしていた
ESの意味を明らかにし

 

 

ESって何が見られているんだろう・・
どれくらいのクオリティが必要なのか・・
といった不安を一気に解消していきます。

 

 

それだけでなく、ESの本質は
面接に直結しているので
このノウハウを理解すれば

 

 

面接も突破できるようになります。

 

ESの本質を理解して、書くモチベーション
をグングン向上
させていきましょう!

 

 

早速ですが、あなたはESが
どのように評価されているか
知っていますか?

 

 

大抵の企業は、ESをS~C
4段階で評価していて

 

 

そのボーダーラインはA~B
といわれています。

 

 

また、ESを書く時間が実は
非常に少ないということを
知っていますか?

 

 

というのも、有名大手企業のES受付期間
エントリーの解禁から1~2週間後が多く
ES受付開始から、だいたい1ヶ月で締切です。

 

 

では限られた時間のなかで、ESを
書くにはどうすればいいのか・・

 

 

それは、次の3つのポイント
を意識して書くことで

 

全て解決されます!

 

①量

②質

③スピード

 

 

この3つがあなたのESが
ボーダーラインを超えるか否か
のカギを握っています。

 

 

まず、①【量】ですが、
100枚ESを書くことが
デフォルトだと思ってください。

 

 

「いやいや、さすがにそれは・・」
と思ってしまいましたよね?

 

 

実は大量にESを出すのには
めんどくさい以上に、
非常に大きなメリットがあります。

 

 

それは
・多種多様な知識がつく
・本命群の企業をMAXの状態で迎えられる

 

というメリットです。

 

 

多種多様な知識というのは、例えば
あなたが銀行と石油業界の2つの
ESを書いていたとしたら

 

 

銀行のESに石油業界の動向
織り交ぜることができます。

 

 

あくまで一例ですが、たくさんES
を書いているうちに、その業界の
知識や情勢が身につき

 

 

業界を超えて、共通点を見つける
ことができるようになります。

 

 

そんなESを受けた人事側には
視野の広い学生という印象を持ちます。

 

 

続いて②【質】ですが、これは
いわゆる「書く力」です。

 

 

書く力は①【量】と関連していて、
とにかくたくさんESを書くことで

 

 

あなたのESの質が
みるみる向上していきます。

 

 

また、新聞などを読んで
起承転結の文章構成のコツ
を学ぶことも有効です。

 

 

最後に③【スピード】ですが、
これが一番大事だと思っています。

 

 

先ほども書きましたが

 

有名大手企業のES受付期間は
エントリー解禁から1~2週間後が多く
ES受付開始から、1ヶ月で締切です。

 

 

つまり、有名大手企業を志望するならば
何十社も同時進行で進めなければ
なりません。

 

 

志望度が高いから・・と1社づつ丁寧にやる
時間はほとんどないのです。

 

 

大切に丁寧に描きたくなる気持ちは
痛いほどわかります。

 

 

しかし、ここで大事なマインドセットが、
「練習のつもりで大量にESを出す」
ということです。

 

 

就活では、どんなに心を込めたES
でもあっけなくバッサリ切り捨て
られます。顔も見られずに。

 

 

それが就活なのです。

 

 

企業がそういうスタンスなのですから
あなたも踏み台にするつもりで
練習だと割り切ってESを書いていきましょう。

 

 

難しく考えすぎないことが
成功への近道です。

 

 

それでは、今回も今すぐできるワークを
紹介していきます。

 

 

今回は、「1枚30分でESを書く!」
と声に出して3回言いましょう。

 

 

ハイスピードでESを書くためにも
まずは頭の中で考えていることを
アウトプットすることが大切です。

 

 

今回も最後まで読んで下さり
ありがとうございました。

 

 

不安やわからないことがあれば
コメントを頂ければと思います。

 

 

それでは、また次回の記事で
お会いしましょう。

セキ
このサイトの管理人
セキ@就活コーチング

学生時代から典型的なコミュ障。それ故、就活では人生最大の挫折を経験するも、試行錯誤を経てコミュ障でも内定を勝ち取れるロジックを編み出す。

苦労の末勝ち取ったサラリーマン生活だったが、やりたいことが出来すぎてしまい、一時離脱。(またすぐサラリーマンに戻るかも?)

 現在は自身の経験を活かして就活生の支援事業を行っている。

セキ@就活コーチングをフォローする
エントリーシートコミュ障就活ノウハウ
スポンサーリンク
シェアする
セキ@就活コーチングをフォローする
コミュ障学生のための「逆転就活術」

コメント