100社エントリーした結果・・・・

エントリー

んにちは、セキです。

 

 

今回も内定を勝ち獲り、
最速で就活を制する為の
記事を書いていきます。

 

 

今回は”エントリー”について
記事を書いていきます。

 

 

このエントリー活用術を知っているのと
知らないのでは天と地の差があります。

 

 

この記事の通りにエントリーを進めれば
就活が軌道に乗り始めた時、バンバン
内定が出ます。

 

 

逆に
友人がどんどん内定が決まっていく中、
ESや面接で落とされ続け、内定が
取れない不安孤独に怯える。。

 

 

といった状況でも、どっしり構えて
就活を進めることができ、逆転が狙えます。

 

 

そもそもエントリーとは
企業の採用サイトに個人情報を登録し、
選考参加の意思表示をすること。

 

 

であり、就活を始める最初の一歩と言えそうです。
また、就活における平均エントリー数は
33.5社
と言われています。

 

 

「33社もエントリーすんの!?』
と思ったあなたは危険です。

 

 

「40社くらいエントリーしてるから大丈夫」
と思ったあなたも危険です。

 

 

何が危険なのか・・・・
ESの通過率の平均は65.9%
だと言われています。

 

 

単純に考えて30社エントリーした中の
18社ほどしか一次面接へ進めないのです。

 

 

さらに一次面接の通過率は30%ほどと
言われています。

 

 

つまり、30社しかエントリーをしなかった場合、
本格的な選考である二次面接へ進める

見込みがあるのは4社ほどしかないのです。

 

 

危険ですよね。。
っという間に持ち駒がなくなって
メンタル崩壊です。

 

 

就活は面接までいかないと意味がありません。
逆に面接まで行けば無限に可能性はあります。

 

 

このブログではずっとお伝えしておりますが
就活では数多く内定を取ることが成功の鍵です。

 

 

内定の数を増やすためにも、その土台となる
エントリーの数は非常に重要です。

 

 

ここまで来ればお分かりかと思いますが
今回お伝えしたいことは

 

「100社エントリーする」
ということです。

 

 

100社エントリーすれば
確率からいっても20社くらいは
二次面接へ進める
ことになります。

 

 

二次面接以上が20社残っていたら
相当心強いですよね。

 

 

また、エントリー方法ですが、
これはもう作業だと割り切って

 

会社への興味が少しでも湧けば
ひたすらポチポチ入力を繰り返しましょう。

 

 

 

でも
「自己PRを500字位書かせられる!」
といったエントリー手法をとる企業もあります。

 

 

とはいえ、たかだかエントリーですので
後の選考に大きく響くことはないです。

 

 

10分程度でサクッと書きましょう。

 

 

1日3社でも構いません。
時間があるときにどんどんエントリーしましょう。

 

 

それでも面倒くさいというあなたは
以前このブログで紹介した「ご褒美シール」
使ってみてください。

 

 

ご褒美シールとは??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
モチベーション向上㊙︎テク

 

 

必ず100社エントリーできます。
サクッと100社エントリーをして
安心して就活を進めていきましょう。

 

 

それでは、今回も今すぐできる
ワークを出していきます。

 

 

では、今すぐスマホかPCで
1社エントリーしてみましょう!

 

 

まずやってみることで、意外と
エンジンが入ってエントリーが
止まらなくなるかもしれません。

 

 

それでは、今回も最後まで読んで下さり
ありがとうございました。

 

 

今回の記事があなたの就活の後押しに
なってくれれば幸いです。

 

 

わからないことや、不安があれば
コメントを頂ければと思います。

 

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

セキ
このサイトの管理人
セキ@就活コーチング

学生時代から典型的なコミュ障。それ故、就活では人生最大の挫折を経験するも、試行錯誤を経てコミュ障でも内定を勝ち取れるロジックを編み出す。

苦労の末勝ち取ったサラリーマン生活だったが、やりたいことが出来すぎてしまい、一時離脱。(またすぐサラリーマンに戻るかも?)

 現在は自身の経験を活かして就活生の支援事業を行っている。

セキ@就活コーチングをフォローする
エントリーコミュ障就活ノウハウ
スポンサーリンク
シェアする
セキ@就活コーチングをフォローする
コミュ障学生のための「逆転就活術」

コメント