グループディスカッションの役割、正解は◯◯

グループワーク・ディスカッション

んにちは、セキです。

 

今回も内定を勝ち獲り、
最速で就活を制する為の
記事を書いていきます。

 

 

今回の記事では、グループディスカッション
について記事を書いていきます。

 

 

この記事を読めば、今まで
グループディスカッションで
モヤモヤを感じていた

 

 

・どの役割になればいいのかわからない

・いつも無理してリーダー役をやっている

・リーダー役の学生の無双されて萎える

といった悩みも解決できます。

 

 

キャリアセンターでは教えてくれない
「グループディスカッションの真実」

 

 

話していきますので
グループディスカッション
での立ち振る舞いが

180度変わってきます。

 

 

自分を自然体でアピールできるように
なりますので、ウソのように

 

 

グループディスカッションが
突破できるようになります。

 

 

ぜひ今回の記事を読んで
あなたの脳に焼き付けてください。

 

 

以前の記事でグループ面接と
グループディスカッションの
違いはお話ししました。

 

 

では、グループディスカッション
の本質についてもおさらいしていきます。

 

 

「グループディスカッション」
人事が見ていることとは何か。

 

 

それはずばり「自己認知力」です。
わかりやすくいうと

「自分のことをどれほどわかっているか」
です。

 

 

自分の強みや弱みをきちんと理解し
その場で求められた役割を

果たす力。

 

 

特に日本企業は役割を重要視するので
非常に大切な要素です。

 

 

では、あなたは何の役割
をやるのがベストなのか。

 

 

結論から言うと、あなたの
キャラに合った役割をやると
突破できます。

 

 

うわべの役割よりも
あなたのパーソナリティに沿った
役割を担うのがベストです。

 

 

具体的に言うと・・・

グループディスカッションの開始

5分から10分、互いのことを
わかってきたタイミングで

 

 

そのメンバーの中であなたの
本来得意な役割が見えてきます。

 

 

そこで見えてきた役割を
やりましょう。

 

 

グループディスカッション
では始まるとまず

 

「リーダー」

「仕切り役」

「記録係」

「タイムキーパー」

 

 

のどれをやるか。
に気を取られがちです。

 

 

しかし、それは「自分の役割を理解した」
わけではなく、形式にすぎません。

 

 

もし議論をうまくまとめられず
自分の意見ばかりいう学生が

リーダーという役割に固執すれば

 

 

「この学生は自分のできないことを
自覚できていない」

 

「自分の短所を理解できず
改善も難しいだろう」

 

 

と判断されてしまいます。将来的にも
「この学生は成長する可能性が低い」

 

 

と見なされます。日本の新卒採用は
ポテンシャル採用ですから

 

 

「成長力が低い」という評価は
かなり大きなダメージです。

 

 

肩が弱いのにピッチャーをやらせてくれ。
という人は野球で迷惑なように

 

仕切りが下手なのにリーダー
というのはその場を乱す人でもあります。

 

 

グループディスカッションでは
ついつい自分を良く見せようと
自分に合わない役割を選択しがちです。

 

 

ですが、グループディスカッションでは
面接では見抜けないあなたの本質

人事担当者に見られています。

 

 

あなたが、話をまとめたり
振ったりするのが得意
であれば

リーダーをやりましょう。

 

 

話すのが苦手で、じっくり物事
の全体像を見るのが得意
であれば

書記をやりましょう。

 

 

私は話すのが苦手でしたが
アイデアが思いつくタイプ
だったので

 

タイムキーパーをやりながら
適切なタイミングでアイデアを出し

 

 

ディスカッションの方向性を
こっそり誘導するような
ことをしていました。

 

 

あなたもあなた自身のキャラ
理解して、ベストマッチな役割
でグループディスカッションを

 

進めることで、高い評価
その後の面接でも自然体で
話すことができます。

 

 

それでは今回も今すぐできる
ワークを出していきます。

 

 

今回の今すぐできるワークは
友達から「ネガティブフィードバック」

をしてもらうことです。

 

つまりダメ出しです。

ダメ出しをしてもらうことで
あなたの本質がより分かります。

 

 

今すぐLINEで
「ダメなところ教えて!」

と友達に聞いてみましょう。

 

ちょっぴり凹みますが

内定には確実に近づきます。

 

 

今回も最後まで読んで下さり
ありがとうございました。

 

 

不安やわからないことがあれば
コメントを頂ければと思います。

 

 

それでは、また次回の記事で
お会いしましょう。

セキ
このサイトの管理人
セキ@就活コーチング

学生時代から典型的なコミュ障。それ故、就活では人生最大の挫折を経験するも、試行錯誤を経てコミュ障でも内定を勝ち取れるロジックを編み出す。

苦労の末勝ち取ったサラリーマン生活だったが、やりたいことが出来すぎてしまい、一時離脱。(またすぐサラリーマンに戻るかも?)

 現在は自身の経験を活かして就活生の支援事業を行っている。

セキ@就活コーチングをフォローする
グループワーク・ディスカッションコミュ障就活ノウハウ
スポンサーリンク
シェアする
セキ@就活コーチングをフォローする
コミュ障学生のための「逆転就活術」

コメント