社風に惹かれたという志望動機は100%落ちます

コミュ障就活ノウハウ

んにちは

就活メンターのセキです。

今日は志望動機の骨組みについて

記事を書いていきます。

さて、就活もいよいよ本格化してきました。

この時期になると必ず頭を悩ませるのが

「志望動機」です。

今日の記事を読めば、どんな企業の志望動機でも

5分で骨組みが作れるようになります。

ESの通りも圧倒的に良くなり

面接の際も面接官に

「一緒に働きたい」

「部下にしたい」

と思わせることができ、面接官が

人事に「あの子は通した方がいいと思います」

面接後にこっそりと告げ口してもらえます。

逆にこの志望動機の骨組みを知らずに

・社風に惹かれた

・成長できそう

・社長のビジョンに惹かれた

・社員の中が良さそう

・福利厚生が魅力的

などを志望動機にしてしまったら

あなたのESは即刻シュレッダー行き確定です。

面接でも

「薄いな」

「一緒に働いたときのイメージ湧かないからボツ」

バッサリお祈りを喰らいます。

志望動機は就活生の9割がつまづきます。

そして悩んだ挙句、上記のような

「自分主体」の志望動機を作ります。

ですが「自分主体」の志望動機ほど

企業が聞き飽きているものはありません。

志望動機で聞かれているのは

「で、君はウチでどう働くの?

ということです。

それなのに、社風に惹かれた

成長できそう、など論外でしかありません。

企業側は学生側のメリットなど

どうでもいいのです。

では、志望動機とはどう作るのか

それは・・・

「私の◯◯という部分が

御社の△△に役立てると思い

志望しました」

これだけです。

これに肉付けをしていくだけです。

・・・・お気づきでしょうか?

この志望動機には普通の自己PRとは

ある決定的な違いがあります。

それは「自己PRが含まれている」

という点です。

先ほども話した通り

志望動機はあなたがどう働くかを聞きたいのです

なので、あなたがどういう人間かが

わからない状態で

どう働くかだけ言われても

面接官は全くイメージできません。

そのため、志望動機には

必ずあなたの◯◯が企業の

何かしらに役立つという

伝え方をしなければなりません。

志望動機は相手(企業)の

立場に立って作りましょう!

それでは、今すぐできるワークとして

「私の◯◯という部分が

御社の△△に役立てると思い

志望しました」

簡単にこの骨組みを建てて

志望動機を作ってみましょう!

今日もここまで読んでくださり

ありがとうございました。

======

追    伸

======

現在、コミュ障でも面接が通る

極秘ノウハウを

詰め込んだ無料テキストを

私の公式LINEを友達追加頂いた方

限定にお送りしています。

昨年はこのテキストだけで内定を

とった学生もいました!

公式アカウントを友達追加してテキストを受け取る

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

※友達追加後、自動返信にて

テキストダウンロードURLをお送りします。

セキ
このサイトの管理人
セキ@就活コーチング

学生時代から典型的なコミュ障。それ故、就活では人生最大の挫折を経験するも、試行錯誤を経てコミュ障でも内定を勝ち取れるロジックを編み出す。

苦労の末勝ち取ったサラリーマン生活だったが、やりたいことが出来すぎてしまい、一時離脱。(またすぐサラリーマンに戻るかも?)

 現在は自身の経験を活かして就活生の支援事業を行っている。

セキ@就活コーチングをフォローする
コミュ障就活ノウハウ志望動機
スポンサーリンク
シェアする
セキ@就活コーチングをフォローする
コミュ障学生のための「逆転就活術」

コメント