【自己PR添削】〜コンビニのアルバイト編〜

ES添削集

こんにちは、セキです。

 

 

今回は自己PRの添削解説をしていきます。

今回紹介するのはコンビニアルバイト経験の自己PRです。

 

それではまず添削前の原文を見ていきましょう。

 

※添削部分は赤字で番号を振っています

教え子

 私は、相手の立場に立ち行動する人間です。  

 ①周りの人の行動、気持ちを円滑かつ快適にするためも相手の立場になって考え、何をするべきか自分で考え、実際に行動に移すことを心がけていました。  

 アルバイトの見習い期間中は仕事中にやるべきこと、自分ができることに限りがあるため、上手いようにことが運ばない等前途多難な日々を過ごしていました。しかしある日、不意にお客様からレジ袋に商品を入れたことに対して「いつも丁寧にありがとう。」といわれたことがありました。

 その出来事を通して個人的には②当たり前なことでも、相手からしたら十分にありがたい行為に値することもあると考え、相手の立場になってそれに合う行動をすることが信頼につながることであると実感しました。

 ③それ以降、お客様が求めていること、または他の従業員のために何かできることを第一に考え、積極的に行動に移せるよう努めました。 その一例として、レジ業務の空いている時間を有効活用して、④広告の準備を進め、また店内に張り付ける際にお客様の目が付きやすい位置を確認する、あるいは店内のイメージを損ねないために売り場で商品が荒れているところ、または不足している個所を手直しや商品の補充するように心がけました。  

 結果、店内の質を保つことができ、⑤お客様または従業員からの多大な信頼を得ることができました。また商品の入れ替え、売り場を新たに設置する等様々な仕事を任せられるようになり、充実したアルバイトを送ることができました。  

 貴社の業務では多様な価値観を持つ方と仕事をしたり仲間と共にする、または顧客先の要求する商品を提供する機会が多くなると考えられるため、社会人になっても「相手の立場に立つ」姿勢を変えず、自ら発信し、信頼関係を築くことで会社に貢献していきます。組織や商品提供を良い方向性に持っていけるよう努める所存です(700字程度)



なるほど、一見すると確かにすっきりまとまっているように見えますがではここからどのようにブラッシュアップしていったのか見ていきましょう。


 
教え子

①周りの人の行動、気持ちを円滑かつ快適

にするためも

セキ

ちょっと表現がわかりにくいです。周囲との人間関係を円滑にするために。などの表現に変えてみましょう。



 

教え子

②個人的には当たり前なことでも、相手からしたら十分にありがたい行為に値することもあると考え

セキ




 

 

ここも表現が回りくどいです。相手から感謝される行為である。くらいのシンプルな表現にしましょう。

教え子

③それ以降、お客様が求めていること、または他の従業員のために何かできることを第一に考え、積極的に行動に移せるよう努めました。

セキ

ここはKさんの動機付けが欲しいです。

相手の立場に立って行動することが加藤さんにどう影響するのか。

 

見返りを求めず相手の立場に立って行動するなど、聖人君子でない限り難しく、読み手は不自然さを感じます。

 

例えば、感謝されることで仕事のモチベーションが上がり、時給など気にせず働けるようになった(お金に代えられないもの) あるいは、他のスタッフに貢献することでどんどん仕事を任され、強いやりがいを感じた。など 




教え子

④広告の準備を進め、また店内に張り付ける際にお客様の目が付きやすい位置を確認する、あるいは店内のイメージを損ねないために売り場で商品が荒れているところ、または不足している個所を手直しや商品の補充するように心がけました。

セキ

接続詞が多くてなかなか文章が頭に入ってきません。

 

例)2つのことを実行しました。一つは店内広告をアレンジです。その際、自分の主観ではなく「お客様が見てどう感じるか」を軸にアレンジをしました。もう一つが売り場の整理整頓です。

 売り場の整理も常にお客様が持っている店舗のイメージを損なわないように荒れている棚や欠品している棚の整頓を心がけました。




教え子

⑤お客様または従業員からの多大な信頼を得ることができました。また商品の入れ替え、売り場を新たに設置する等様々な仕事を任せられるようになり、充実したアルバイトを送ることができました。

 

セキ

ここは全体の中で一番重要です。

もっと具体的かつ明確にイメージできるように書いて見ましょう。

 

お客様からどんな反応が得られたのか。あるいはあなたが感じたことなど。 そもそも全体の構成が日常の切り取り型なので、ここはダイナミックな表現をもってきたいです。

 

アルバイトというごく日常的な取り組みの中で、ちょっとしたあなたの主体性を持った行動が、何を生み出し、それがあなたの人生観にどんな影響を与えたのか。少し大げさかもしれませんが、そんな視点で書いてみましょう

 

 

例)ただ言われたこと、マニュアル通りにレジ打ちすすればお金がもらえるとう単純なバイトが「誰かに貢献したい」という軸をもって取り組むことで、見方が一変し、どんどん自分の考えを発信できる場となった。など。

 

 

 

 

今回はコンビニバイトの経験を基にした自己PRでした。

いかがでしたでしょうか。

 

 

コンビニバイトというと多くの学生が経験いながらも

自己PRにするには平凡すぎて使えない。。

という声をよく耳にします。

 

 

しかし、上記の添削でもわかる通り

重要なのはなんのバイトをしていたか?ではなく

 

 

何を考えてバイトをしていたのか?

という部分なのです。

 

 

従って、どんなバイト経験でもあなたらしい

輝きを持つ自己PRは作れるのです!!

 

それではまた。

セキ
このサイトの管理人
セキ@就活コーチング

学生時代から典型的なコミュ障。それ故、就活では人生最大の挫折を経験するも、試行錯誤を経てコミュ障でも内定を勝ち取れるロジックを編み出す。

苦労の末勝ち取ったサラリーマン生活だったが、やりたいことが出来すぎてしまい、一時離脱。(またすぐサラリーマンに戻るかも?)

 現在は自身の経験を活かして就活生の支援事業を行っている。

セキ@就活コーチングをフォローする
ES添削集
スポンサーリンク
シェアする
セキ@就活コーチングをフォローする
コミュ障学生のための「逆転就活術」

コメント