根拠なき自信の先にあったもの(D・Gさん)

就活体験談

 コミュ障の私は、就活をはじめたばかりの頃は不安で一杯でした。


 大学は私立の文系で授業にはそこそこ真面目に通ったものの、自分の学業成績には特に自信がありませんでした。


 3年生になって就活をはじめた頃は、女性用のリクルートスーツを買いに行くのさえ大変だったと思います。

 
 学生の人はあまりスーツを着る機会がないと思うので、スーツ選びも苦労します。


 これは就活全般に言えることですが、とにかく自己分析が大事です。自分に似合うリクルートスーツを選ぶことからはじめなければなりません。


 試着してみると、肩幅が合っていなかったり、丈が長すぎたり、似合わないことがあると思います。


 そういった体験を繰り返し、自分に似合うスーツを選ぶことが大切です。そして、履歴書や面接でもとにかく自己分析が必要だと思います。


自己PRは誰でもできる

 就活のときにコミュ障の私が悩んだのは、「自己PRできる長所がない」というものでした。


 サークルの部長をしていたわけでもないし、自慢できる成績でもありません。とにかく自信がなかったため、自己PRなんてできるわけがないと思い込んでいたのです。


 しかし、振り返ってみて思うのは、「自己PRは誰でもできる」ということです。どんな人でも長所はあるし、誇れるところがあると思います。


 私の場合、「口下手」「コミュ障」が悩みだったのですが、「聞き上手」という点をアピールしました。


 確かに、話すのは苦手ですが、人の話を聞くのはまあまあ得意な気がしたからです。


 履歴書には「聞き上手なところ」が長所であることを書いて、面接では具体的なエピソードを交えてアピールしました。


 履歴書ではエピソードを短く書いて、面接ではエピソードを長く答えられるようにするとよいと思います。


とにかく自分に自信を持つ

 私の場合、もともとコミュ障だったため、就活のときも自信を持つことを心がけていました。


 大学の就職課の人に思い悩んで相談に行ったときも「良いところがいっぱいあるから自信を持ったらよいよ」と言われました。


 今から考えてみると、確かに自分にはよいところがあるし、それを地道にアピールすればよいと思います。ただ、面接で何も答えられないのは困るので、相当に練習が必要です。


 どんなことを聞かれるかは大体のパターンが決まっています。そのため、「自己PR」や「大学時代にがんばったこと」など、よく聞かれそうな質問には、徹底的に準備をしました。


 ノートに回答を書いて、家で何度も復唱し、なめらかに答えられるようにしていました。この努力を積み重ねたおかげで大学4年生の秋にようやく内定をもらえました。


 本当に大変でしたが、諦めずに頑張れば必ず結果がでます。

セキ
このサイトの管理人
セキ@就活コーチング

学生時代から典型的なコミュ障。それ故、就活では人生最大の挫折を経験するも、試行錯誤を経てコミュ障でも内定を勝ち取れるロジックを編み出す。

苦労の末勝ち取ったサラリーマン生活だったが、やりたいことが出来すぎてしまい、一時離脱。(またすぐサラリーマンに戻るかも?)

 現在は自身の経験を活かして就活生の支援事業を行っている。

セキ@就活コーチングをフォローする
就活体験談
スポンサーリンク
シェアする
セキ@就活コーチングをフォローする
コミュ障学生のための「逆転就活術」

コメント