NTTグループ(SE職:エントリーシート)

ES添削集

こんにちは、セキです。


今回はNTTグループのNTTデータCCSで実際に使用されていたエントリーシートの内容の添削になります。


この学生さんは添削後のエントリーシートで無事内定を獲得しています。

IT企業のエントリーシートを書く際には参考になると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。


それでは、添削前の原文を見ていきましょう。
※赤字が添削箇所です。

【志望理由】 
①自分の技術力で人々や企業に支え、社会に貢献したいです。というのも働く目的を「今まで自分を育ててくれた人達や社会への恩返し」だと考えていて、また手に職をつけ自分自身に技術力をつけることで社会に対して貢献したいと考えるからです。②IT業界を志望する理由は、現代社会を支える重要なインフラである情報システムを手がけることで多くの企業を支えることが出来るからです。貴社は、宇宙から地底までの領域を手がけ、企業だけでなく消費者に対しても幅広く商品を展開しており、多くの企業やお客様にサービスを提供できる点に大変魅力を感じました。③また47年の歴史から豊富な技術ノウハウがあり、ITを通じて世界最大級のJXグループを支えることで「自分の技術力で人々や企業に支え、社会に貢献したい」という自分の思いを実現できると思い志望しました。 

【NTTデータCCSでチャレンジしたいこと】

④アルバイトの経験を通して、「ITを駆使して企業や人々の仕事を効率化することで社会に貢献したい」という思いがあり、貴社ではIT技術を駆使して人々の生活を支えるシステムの開発に挑戦したいです。特に貴社の「geoassist」の地理情報を用いた情報共有を促進し、業務を効率化する点に大変興味を持っており、⑤そのシステムを企業に導入したり、またそのシステムを運用していくために必要な保守・運用に携わりたいです。そのためには、⑥業務や充実した研修を通して成長し続けないといけない思います。そこで、私の強みであるサッカーから培った高い向上心を持って、地道に努力して成長する力を活かして、⑦まずは開発のプロフェッショナルを目指したいと思います。というのも開発を経験することで、提案や設計に携わる際には、技術面から具体的な提案が出来ます。運用・保守では、システムに関する知識が深いことで幅広く対応できると考えるからです。



添削前の全体の印象は「全体的に抽象的すぎ」


この会社でなければならないという絶対的な本気度が伝わってきません。


ちょっと辛口ですが、ではここから添削していきましょう。

①自分の技術力で人々や企業に支え、社会に貢献したいです。

もっと具体的に!基本形は「自分の強みが企業が近未来に取り組もうとしている施策に貢献できるかどうか」とい忘れずに。今の文脈だとこれから成長して得る能力を役立てたいと見えます。不確定な印象です。最初の行で「NTTデータCCSじゃなくても良いのでは?」という印象を持ちます。




②IT業界を志望する理由は、現代社会を支える重要なインフラである情報システムを手がけることで多くの企業を支えることが出来るからです。

業界の志望理由を書くよりも、この企業が取り組んでいる具体的な施策やサービスを取り上げて、それに自分の長所や能力でどう貢献できるかを入れましょう。




③また47年の歴史から豊富な技術ノウハウがあり、ITを通じて世界最大級のJXグループを支えることで

この一文を入れるならば、具体的に何をどう支えているのか?また、その支えていること自体に自分ならどう貢献できるのかが欲しいです。




④アルバイトの経験を通して、「ITを駆使して企業や人々の仕事を効率化することで社会に貢献したい」

なぜITとアルバイトがつながるのでしょうか?
初めてこの文章を読んだ人はここでつまづきます。そうなると後の文は流し読みされてしまいます。




⑤そのシステムを企業に導入したり、またそのシステムを運用していくために必要な保守・運用

やりたいのはシステム開発なのか、保守運用なのか。はっきりしたほうが良いと思います。読む側はうちの会社で何がやりたいのかパッと頭に入ってきません。




⑥業務や充実した研修を通して成長し続けないといけない思います。

研修や業務で自分が成長するためにUさん自身の強みを発揮するのではなく、今もっているその強みをどう生かして、会社が取り組んでいること、あるいは取り組もうとしていることに役立てることができるのか。もっと広い視野で書いてみてください。




⑦まずは開発のプロフェッショナルを目指したいと思います。というのも開発を経験することで、提案や設計に携わる際には、技術面から具体的な提案が出来ます。運用・保守では、システムに関する知識が深いことで幅広く対応できると考えるからです。

職種が入り乱れていて、結局何が一番やりたいのかよくわかりません。開発ですか?運用ですか?それとも開発したソフトウェアを売るソリューション営業でしょうか。ここも具体的に!そして結論から!



さて、今回は少し辛口でしたでしょうか。


しかし、ESは全体の構成力が付いてくると一文一文が抽象的になりがちです。


ですが、そこを突き抜けると一気に質の高いESへと昇華します。


今回はまさにそのパターンだと感じたので、あえて辛口に添削をさせて頂きました。

それではまた。

セキ
このサイトの管理人
セキ@就活コーチング

学生時代から典型的なコミュ障。それ故、就活では人生最大の挫折を経験するも、試行錯誤を経てコミュ障でも内定を勝ち取れるロジックを編み出す。

苦労の末勝ち取ったサラリーマン生活だったが、やりたいことが出来すぎてしまい、一時離脱。(またすぐサラリーマンに戻るかも?)

 現在は自身の経験を活かして就活生の支援事業を行っている。

セキ@就活コーチングをフォローする
ES添削集
スポンサーリンク
シェアする
セキ@就活コーチングをフォローする
コミュ障学生のための「逆転就活術」

コメント