コミュ障だった私の身だしなみ戦略(ミツキさん)

就活体験談

第一印象を決める髪型と清潔感

 面接などで身だしなみはとても重要です。私は男子就活生でしたので、髪型に関しては特に清潔感というものを意識して髪型には気を付けました。


 例えば金融系などの固い業界では勿論ですが、就職活動生としてはなるべくおでこを出して、自分の表情を相手にはっきりと伝えられる髪型が一番好印象だと思いました。


 また、私立文系でしたが、面接での話の内容には正直自信がありませんでした。それに加えてかなりのコミュ障気質がありました。


 まずは身だしなみをきちんとして就職活動に臨む事で少しでもそのような不安や自信のなさをカバーしていました。


 耳を出してできれば前髪は眉毛の上、そして適度にワックスを使い、髪型にボリュームをもたせる事を意識しました。


 また清潔感を出すために肌にも気を遣いました。元々はニキビ肌でしたがしっかりケアをし、少しでも清潔感を与えられる綺麗な肌でいることもとても重要な事だと思います。

一般的に連想されるリクルートスーツは黒色だが・・・

 就活生が着るスーツといえば一般的にリクルートスーツと呼ばれています。


 私は就職活動を始めた大学三年生の冬にスーツを新調しました。それは真っ黒で柄もない無難なスーツでした。


 髪型と同様にスーツも就職活動を行う業界によって良し悪しは様々だと思うのが当たり前ですが、黒一色のリクルートスーツが一番適しているとも言えないというのが実情です。


 確かに黒いスーツはまず失敗する要素はありませんが何百人、何千人もの就活生たちと接する各企業の人事の方々は見飽きています。


 黒一色のリクルートスーツではなく、グレーやネイビーの無地柄のスーツで就職活動を行えば、人事の方の目につく確率は黒一色のリクルートスーツより断然増します。


 また時代の流れから就職活動は黒いリクルートスーツでなければいけないという先入観を持つ人事の人はあまりいません。


 コミュ障で少し内気ないつもの自分とは少し違うという気持ちにもなれますし、黒一色のリクルートスーツにこだわる必要はありません。


 また当たり前ですが、スーツにシワや埃は厳禁なので毎日のお手入れは欠かさないようにしましょう。

スーツ以外の身だしなみで差別化を目論む

 細かい部分まで見ている人事の方々は以外とたくさんいます。


 スーツは勿論のこと、ワイシャツや靴や靴下、時計なども見られているという意識をする必要があります。


 ワイシャツは白く清潔感のあるもの。ベルトや靴、鞄は統一して黒いもの。


 靴下は黒ではなく、ネイビーやブラウンのものを選ぶと足元にメリハリが生まれてとても見栄えが良いです。


 また靴に関しては面接などに行く前は必ず磨く習慣を付けると、それだけで自信がつきます。


 就活において多くの人が、社会人の方々とうまくコミュニケーションを取れるか不安に思っていると思います。


 コミュ障なやあがり症な性格の就活生も多いと思います。だからこそしっかりと自信の持てるような身だしなみにする事で、自信や前向きな気持ちを自分で作り出すことができます。


 私はこの身だしなみ戦略で、自信の持てなかった自分を叱咤激励し、五月に入る頃からいくつか内定をいただき、最終的に就活を六月の上旬で納得して終わらせることができました。

セキ
このサイトの管理人
セキ@就活コーチング

学生時代から典型的なコミュ障。それ故、就活では人生最大の挫折を経験するも、試行錯誤を経てコミュ障でも内定を勝ち取れるロジックを編み出す。

苦労の末勝ち取ったサラリーマン生活だったが、やりたいことが出来すぎてしまい、一時離脱。(またすぐサラリーマンに戻るかも?)

 現在は自身の経験を活かして就活生の支援事業を行っている。

セキ@就活コーチングをフォローする
就活体験談
スポンサーリンク
シェアする
セキ@就活コーチングをフォローする
コミュ障学生のための「逆転就活術」

コメント