【自己PR添削】〜焼き鳥屋アルバイト〜

ES添削集

こんにちは、セキです。


今回は焼き鳥屋さんでのアルバイト経験の自己PR添削を紹介します。


飲食店アルバイトのエピソードを書こうとしているあなた。
必見ですよ。


それでは、みていきましょう。
※添削した箇所に番号を振っています。



 ①私は向上心をもって物事に取り組むことができます。

 焼き鳥屋でアルバイトをしていた時、②はじめは、店長に教えていただいたと通りに串物を焼いていました。

 しかし、より美味しく、よりきれいに焼きたいと思い、焼き方を工夫しました。例えば、手羽先はどうしても先の細い部分が焦げてしまっていました。

 そこで、手羽先の先端が火に近づきすぎないように、先端の細い部分だけ重ねて焼き台に乗せるようにしました。

 ③その結果、手羽先の太い部分にもしっかり火を通しつつ、細い部分を焦がさずに焼くことができるようになりました。

 

 全体的なコメントですが、自己PRや志望動機(そのほかESの文章も含め)内の文章では登場する身内の人間(この文章では店長)に対する尊敬語(〜して頂いた、〜して下さった、など)は不要です。

 ※お客様が登場する場合は尊敬語が必要

 

 また、全体的に自己満足で終わってしまっている感があります。

 

 なぜ手羽先ひとつでも焼き方にこだわるのか?その先には何があるのか?綺麗にまとめるならば、やはりその先の「お客様」を意識した文章構成にした方が◎


それでは、詳しくみていきましょう。


①私は向上心をもって物事に取り組むことができます。

冒頭はもっとキャッチーに、「私は手羽先焼きの鬼」と呼ばれています。などどいう表現にしても良いでしょう。

 

冒頭がキャッチーになるとその後の文章もしっかり読まれます。



②はじめは、店長に教えていただいたと通りに串物を焼いていました。

もっと他の文章を肉付けする為に、ここは「当初はマニュアル通りに焼いていた」といったシンプルな表現にしましょう。



③その結果、手羽先の太い部分にもしっかり火を通しつつ、細い部分を焦がさずに焼くことができるようになりました。

自己満足(主観的な)な結果表現になっているので、もっと具体的な数字や客観的な表現が欲しいです。


・店長から焼き場を指名されて任された 

・お客様から直接褒められた

・店長から焼き場を指名されて任された


など・・



いかがでしたでしょうか。


自己PRで書く成果は自己満足や主観的な表現はNGです。


必ず具体的な数字や評価、客観的視点で構成しましょう。


今回は飲食店でのエピソードでしたが、どんなESにも応用できる良い内容でした。


それでは、また。

セキ
このサイトの管理人
セキ@就活コーチング

学生時代から典型的なコミュ障。それ故、就活では人生最大の挫折を経験するも、試行錯誤を経てコミュ障でも内定を勝ち取れるロジックを編み出す。

苦労の末勝ち取ったサラリーマン生活だったが、やりたいことが出来すぎてしまい、一時離脱。(またすぐサラリーマンに戻るかも?)

 現在は自身の経験を活かして就活生の支援事業を行っている。

セキ@就活コーチングをフォローする
ES添削集
スポンサーリンク
シェアする
セキ@就活コーチングをフォローする
コミュ障学生のための「逆転就活術」

コメント