内定が取れないコミュ障就活生の9割が知らない「ある共通の原因」とは

今日は前回お伝えできなかった、コミュ障でも内定を貰える学生と貰えない学生。その最大の違いをお伝えします。

これは単純かつ明確な違いですが決定的な原因です。

この原因が理解できればあなたもコミュ障学生から逆転内定者へとなれます。

そして、内定ととも自由の身となり好きなことに好きなだけ時間を費やせます。

そして志望企業に入社し、あなたが本当にやりたい仕事にとことん打ち込むことができ、充実した人生を送ることができます。

私も社会人として実感していますが、自分のやりたいことができる会社に入れるかどうかで人生の充実度は大きく変わります。それだけでなく、これから話す「原因」を知れば

・面接で頭が真っ白になる
・グループ面接がとにかく上手くいかない
・就活を何から始めていいのかわからない

といった悩みからも解放され選考に行くたびに通過の連絡が待ち遠しくなり、就活が楽しくなります。

そして「どうすれば内定が取れるんだろう・・」
という思考回路から

「内定をとったら何しよう!」
という思考回路に切り替わります。

想像してみてください。

コミュ障で就活を諦めけていたあなたが、一切の不安なく大量の内定を獲得し、残りの学生生活を好きなだけ好きなように過ごしている姿を・・・・

周りが内定を取れずにジリ貧になっていく中「秘密」を知ったあなたはエスカレーターに乗るかのように自動的に、内定へ一直線に進むことができるようになります。

これは決して夢物語ではありません。

この原因を理解することは、それくらいあなたの意識を劇変させてしまう力があります。逆にこの原因をを知らずに就活を進めてしまったら一生内定は取れません。

行き着く先は就職浪人かニートです。

面接を受けた企業からは
「ぼやっとしてるなあ・・・」
「戦力にならなそうだな・・・」

という印象しか与えられず大量のお祈りメールが届き、内定をもらっている友人には嫉妬や妬みの感情が爆発しそうになり

内定をもらってない友人の話を聞くと「ほっ」と安堵してしまう・・・

そんな負のスパイラルに陥り、どんどん内定からは遠ざかってしまいます。内定が取れないコミュ障学生に共通する決定的な原因、それはズバリ・・・

パーソナリティを伝えることが重要だと教わっていない。

これです。
多分ピンときていないと思います。内定が取れないコミュ障学生の9割がES〜面接まで、就活の全てのフローでパーソナリティを伝えられていません。

これが決定的な原因です。学歴でもコミュ力でも熱意でもありません。

就活で内定が取れるかどうかはあなたという「パーソナリティ」をしっかり伝えているかどうかです。

「パーソナリティ」をわかりやすく言うと「人柄」です。

就活の全てのターム(ES〜面接)においてパーソナリティをしっかり伝えている学生はどんなにコミュ障でも志望企業から内定を貰っています。

逆にコミュ障の学生はパーソナリティを伝える以外に内定を勝ち取る術はないと言っても過言ではありません。

コミュ障は突発的になるものではなく生まれや育った環境、これまでの人生で経験してきたことなどが段々と蓄積されていく中で形成されてきた言わば人格や性格と同じです。

簡単に明日からすぐ治るようなものではありません。しかし、私がこれまで見てきた学生や経験上、コミュ障の学生は

・考える力に長けている
・信念をしっかり持っている
・人柄が穏やか

こうした、人として素晴らしい一面を持っている人が多いです。

だから本当にもったいないのです!コミュ障学生はすでに就活市場で求めらるポテンシャルを備えています。

ただ、それを伝える術を知らないだけなのです。教わっていないだけなのです。

パーソナリティを伝える自己PRがしっかりできれば必ず内定は取れます。

コミュ障でも内定が取れる学生と、ただのコミュ障で終わる学生

これから私が話すことは、あなたが内定を勝ち取る上で非常に重要なことです。内定が取れないコミュ障学生に共通する原因は「パーソナリティ自己PR不足」だと言いました。具体的にどういう状態なのでしょうか?

パーソナリティ自己PRができていない状態とは・・・資格やバイトで出したわずかな実績にしがみついて自己PRしている状態です。

あなたの人としての魅力は資格やバイトの「実績」では計り知れません。TOEICで900点を取った「結果」をドヤ顔でアピールしてくる学生と

TOEICで500点を取るために日々貫いた「信念」を伝えてくれる学生あなたが面接官ならどちらの学生と一緒に働きたいと思いますか。

ただ輝かしい実績を突きつけられても言われた側は鼻に付いてイラっとしてしまうものです。

面接官だって人間です。ただ自分の経験や資格そのものをアピールしてくる学生に好印象は持ちません。

それがコミュ障ならなおさらですしましてやバイトで「売上を1.2倍にしました」など薄っぺらい実績に大袈裟な肉付けをして話してしまったらもっと印象が悪いです。

内定の無いコミュ障学生ほど(薄い)実績を無理くりPRしています

自己PRは就活において最も大事です。なぜなら、志望動機も自己PRがベースになっていると説得力が倍増するからです。

大事ゆえに、多くの学生が履き違えています「学生時代に築いた実績を話さねば」と。

ですが、ただでさえコミュ障に悩む学生がそれをやってしまったら、泥沼に足を突っ込むようなものです。

面接を受けるたびに面接官の反応が悪く、自信を無くし、次はもっと緊張してしまう。どんどん負のスパイラルに陥ります。にも関わらず、内定の取れない多くのコミュ障学生は

・サークル幽霊部員
・資格も持っていない
・バイトもろくにしていない

といった自分の状況に焦りを感じ無理やり経験を捻じ曲げて「実績」を話そうとするわけです。その結果

・バイトで売上を1.2倍にした
・サークルの勧誘で新入生を倍増させた

など、自分で考えたときは「おお、それっぽくなった!いける!」と思ってしまうのですがこれを聞いた面接官は全くもってピンとこないのです。

あなたが働いているその「姿」が。

あなたのパーソナリティを晒け出しあなたが働く姿を想像させる

コミュ障でも内定が取れる学生は面接官に働く姿をリアルに想像させています。

喋りが下手だっていいんです。噛んだって、どもったとしてもいいんです。あなたがその企業で働くイメージを抱かせることさえできれば。

つまり、企業はあなたが自社の先輩や上司と良い人間関係を築き、成長できる人材かどうかということだけを気にしているのです。

これは本当に多くの学生が勘違いしています。多くの学生は「入社したら仕事ができる」と思わせないと・・・・ということにフォーカスを当てています。

企業は就活生に即戦力を求めていない

おそらくあなたも面接で「どう仕事で貢献できるか」を軸に話す内容を考えていると思います。ですが、就活はもっと単純です。

一緒に働いてみたいと思われるかどうかです。
企業は学生に即戦力は求めていません。

そんな企業は外資系の超大手くらいなものです。
多くの企業は

一緒に働きたいと思えば採用。
一緒に働きたくないとなればお祈り。

これだけなのです。

コミュ障でも内定が取れる学生は総じてパーソナリティを伝えている。

コミュ障でも内定が取れる学生はしどろもどろになりながらもしっかりと「自分がどんな人間なのか」ということをしっかり伝えています。

しっかり伝えているというのは面接官があなたの自己PRを聞いて

・どんな人柄なのか
・どんな信念を持って物事に取り組むのか
・自社の社員とどう関わりながら働きそうか

ということを限りなく具体的にイメージさせるということです。面接で落ちる理由は2つしかありません。

①雰囲気が企業に合わない
②働いている時のイメージが湧かない

この2つです。

にも関わらず、コミュ障就活生の多くは自分のわずかな経験や実績を誇大表現で無理やり「自己PR」として話そうとするので(しかも大抵うまく喋れません)

面接官は「働せた時のイメージが湧かないな」という結論に至り、落とすしかないのです。

あなたが働いた時の姿を強くイメージさせるにはパーソナリティを伝えるしかないのです。

ですが、コミュ障で就活が上手くいっていない学生の9割がこのパーソナリティ自己がPRが重要だと教わっていないのです。

教わってないが故に、内定が取れずただただ「コミュ障だから・・・」と諦めてしまっているのです。

ではなぜ多くのコミュ障学生がこのパーソナリティ自己PRが重要だと教わっていないのでしょうか。

それは世の中の就活本やネットの情報が「答え」だけを集めたノウハウ集になってしまっているからです。

答えを知っていても本質や答えまでのプロセスを知らなければただの付け焼刃です。全く応用が効きません。

コミュ障の学生が内定を取る方法は世の就活本には書かれていません。

なのに世の中には「ココだけ抑えれば絶対内定!」

といったあたかも万人受けを狙い、多くの学生に買わせるためだけにフォーカスしたものが溢れています。

誰もあなたのレベルにあわせて「できない」を「できる」に変える方法を教えてはくれないのです

では、どうすればいいのでしょうか。簡単です。

志望企業から内定を勝ち取った一握りの元・コミュ障就活生から内定を勝ち取る術を学べばいいのです。

そして、そのテクニックを徹底的に真似れば良いのです。

私の実体験を主軸に、さらに再現性を高めるため現役社会人(元コミュ障就活生)や、現役人事への取材を通じて志望企業に内定を目指すコミュ障就活生専用のプログラムを用意しています。

コミュ障だから・・・

そんな理由でネガティブに陥り就活を投げ出そうとしている学生だけを対象にし、私自身の経験だけでなく

ESやグループディスカッションや面接を突破してきたコミュ障就活生から得てきたノウハウを元に

私や彼らの考え方、勉強法、就活戦略などをまとめ上げ、ただその方法を真似するだけで複数内定を勝ち取る全てのコミュ障学生に光を差すプログラムです。

就活本を読んで、SPIや筆記試験の勉強をして日経新聞を読んで…

そんな誰もがやる当たり前の対策ではなく、今まで誰も教えてくれなかったことを体系化しました。

「何からやればいいかわからない…」
「コミュ障で面接が不安だ…」

といった、就活にきちんと向き合いたいけど不安を抱えるあなた専用の「内定を勝ち取るプログラム」です。

あなたが今どれだけネガティブでな気持ちに襲われ、コミュ障であることに不安を抱えていても

・志望企業に内定を決めたい!
・押しつぶされそうな不安から解消されたい!
・早く内定を取って最後の学生生活を楽しみたい!

そんな想いを持って、ここまで読んでくださったのであれば、あなたを必ず内定まで導くために私も本気で向き合います。

先ほど書いた通り、逆転就活術とはただその方法を真似するだけで志望企業から内定を勝ち取れる「コミュ障学生のためだけの内定プログラム」です。

このプログラムは私とあなたが作っていくプログラムです。リアルタイムにプログラムをアレンジし、あなたに特化したものにしたいと思っています。

なので、このプログラムのクオリティを最大限に引き上げるために

今日も今すぐできるワークを出したいと思います

今日は、下記ボタンから
あなたが今就活で抱えている悩みを
送ってください。


「ESを書くのに時間がかかる」

「WEBテストの勉強ができない」

「志望動機が上手く書けない」
などなど・・・


LINEにて「ワーク ◯◯」と

と送って頂ければ大丈夫です。

今回も、ワークをお送り頂ければ「面接突破バイブル」のテキスト解説動画をお送りします。

テキストは100%理解することであなたの就活に大きな変化をもたらします。

解説動画はテキストの理解度が100%になるよう噛み砕いて徹底解説をしております。ぜひ、ご覧ください。

また、ワークで頂いたお悩みは内定者、現役人事等の協力を得て対策ノウハウをプログラムに盛り込んでいきます。

本気で現状を打開し逆転内定を勝ち取りたいあなたはぜひ、お悩みをお聞かせください。

次回は私がコミュ障のどん底にいた就活中からどうやって這い上がりコミュ障でありながらも戦略的に就活を進め、どのようにして志望企業からの複数内定を手にしたのか。

今だから話せる私の就活実体験を公開していきたいと思います。

ここまで読んでくださり本当にありがとうございました。

セキ