コミュ障でも「あること」 アピールすれば完全土日週休2日制かつ年間休日120日以上の優良企業から内定がもらえます!

NNTコミュ障学生の9割が知らない「コミュ障でも内定を取る方法」を入手してしまいました・・・

今日は、あなたにコミュ障でも志望企業から内定が取れるという事実をお伝えしようと思います。この真実を知れば、あなたがどんなにコミュ障でも志望企業から内定を勝ち取ることができます。

面接を受けるたびに面接官の反応が良くなり、面接官の方から前のめりになって「内定後は◯◯の準備をしてください」

などと、最終面接前に言われたり面接が終始明るい良い空気で終わるなど、明らかに「勝ちフラグ」が完全に立った面接を受けることができるようになります。

あなたのESに「採用」の印が押され、人事が貴重品を扱うように金庫へしまっていきます。

そして、内定をもらった企業からは「絶対に入社してほしい・・」と懇願され、接待さながらの囲い込みを受けるでしょう。

実際高級ホテルのビュッフェに連れて行かれ、人事から小一時間入社してほしいと説得を受けた学生もいます。

その状況でも、あなたは手持ちの内定から「うーーーん・・・!」と優越感に浸りながら時間の許す限り、ニヤニヤしながら思う存分悩むことができます。そして内定後は・・・・

・バイトのシフトを埋め尽くす
・お金を貯めて海外旅行
・3日連続オールで遊んで3日寝る
・ボランティアに参加する
・1週間引きこもりゲームや漫画を満喫

要は、内定が取れれば好きなことに好きなだけ時間を使えるのです。誰にも怒られることはありません。

なぜなら志望企業から内定をとった勝ち組なのですから。

これからあなたに伝える「真実」はあなたの就活を激変させてしまう衝撃的なニュースです。

逆にこれを知らずにただコミュ障のまま就活を続けてしまったら
120%内定は取れません。

面接が始まった瞬間、コミュ障を炸裂させ面接官は開始1分であなたのESに×印を書き面接官に質問をしても一言で返され、面接をすぐ終わらせようとしてきたり

面接の時間が予定よりも明らかに短く、すぐ帰されるなど「あー今日の面接もダメだったわ」と自己嫌悪しか残らない面接を繰り返すでしょう。

奇跡的に内定が取れたとしてもブラック企業で40年ボロ雑巾のごとく使い回され、定年を迎える頃にはお金も家族も失っているかもしれません。

しかし、これから話す「真実」を知ればコミュ障=就活負け組という考えがいかに間違っているかということに気づくことができます。

いやいやいや就職活動ってコミュニケーション能力が試される場でしょ・・・コミュ障とか就活で一番ダメな部類じゃないですか・・・

全くもって違います。

就職活動においてはうまくしゃべれる「コミュニケーション能力」は必要ありません。

では何が必要なのでしょうか?学力(学歴)でしょうか?
これも違います。

ルックスでしょうか。これも違います。
では学生時代何かに打ち込んでいた経験か・・・これも違います。

「じゃあ、一体何なんだよ!」

そう思いますよね?

実は毎年、東証一部上場企業のような大手人気企業の内定者の中にも明らかに喋りが下手な学生がいるという事実をご存知でしょうか。そして彼らは

・学歴もない
・コネもない
・資格もない
・イケメン・美女でもない
・バイトしかしてない(またはバイトすらしてない)

といった、一見ほんとに「平々凡々」とも言える学生がほとんどです。しかしながら、どんな企業にも一定数そうした学生が内定者として存在しています。

彼らは皆共通して「あること」をアピールして内定を勝ち取っていました。

コミュ障凡人である彼らはどのようにして志望企業から内定を勝ち取ったのか?

毎年人気企業上位50社だと1万人、上位100社だと2万人、新卒採用枠があると言われています。

実はこの2万人という数は毎年の早慶卒業者数と同じくらいだと言われています。

ではこの2万人の採用枠は全てハイスペック学生で埋まっている・・・そんなわけないですよね?

 

ではその一定数存在するコミュ障内定者は一体何者なのか?

彼らの何が内定を引き寄せたのでしょうか?どう考えても不思議ですよね?

コミュ障で学生時代特に何もやってこなかった学生。大学ではすれ違うときに「お疲れ」と一言いうくらいの友達ばかり。

そんな学生が志望企業から内定を貰うなんて100人に聞いたら100人が「そりゃ無理だろ」と思うはずです。

ある意味、「奇跡」と言ってもいいかもしれません。しかし、志望企業から内定を貰っているコミュ障学生は、確かに存在します。

ここから導き出せる一つの真実は・・・・

コミュニケーション能力の有無は内定には関係ない。

では一体、内定を貰うコミュ障学生と貰えないコミュ障学生では、何が違うのでしょうか。不思議な話はまだまだあります。

例えば、就活解禁より数ヶ月早く就活の準備を始めていたのにそれでも内定が貰えない。

そんな、真面目で報われないコミュ障就活生がいる中で、ずっとネトフリや漫画を読みあさり、就活が始まってから切り替えて、短期間で準備をして複数の内定を取っていくコミュ障学生もいます。

準備に使った時間も、内定には関係ないのです。

一体何が違うのか?コミュ障学生が内定を取るには何が必要なのか?

また、就活塾に通ったり、様々な就活本を買ってお金ばかり飛んでいき、それでも内定がもらえないコミュ障学生がいれば

就活塾に入ることなく、様々な本も買わずに内定を貰うそんなコミュ障学生もいます。就活にかけたお金も、内定には関係無いようです。ますます分からなくなってきました。

では企業に伝える「熱意」や「本気度」の違いでしょうか。志望企業に絶対に入りたいという「覚悟」の違いでしょうか。

しかしそれだと、志望企業に内定をもらえなかったコミュ障就活生はその覚悟が、熱意がなかったということになるのか・・・?決してそんなこと無いはずです。

ここまでをまとめると、就活で内定を勝ち取るために必要なのは

・コミュ力の高さや学歴
・就活の準備にかけた時間でお金
・覚悟や熱意

ではないということです。これら全て、内定を決定づける要因にはならないということが言えそうです。

では一体何がコミュ障学生の内定を決定づけた要因となったのか。

さらに、同じコミュ障学生でも内定を「貰えるコミュ障学生」と「貰えないコミュ障学生」がいます。何が彼らを2分化しているのでしょうか?

この謎が解明できれば、コミュ障すぎてネガティブや自暴自棄になりかけていたり、ハナから就活を投げ出してしまっている学生でも志望企業から、複数内定を勝ち取ることができます。

私は自身の就活を振り返りつつその「謎」を解明しようと試みました。

私自身の経験だけでなく元コミュ障就活生の現役社会人や人事をやっている知り合いなどあらゆるツテを使ってリサーチしていきました。

そしてついに・・・

その謎を解明することができました!!

コミュ障学生が内定獲得のために本当に必要なもの。それは・・・今回は長くなってしまったのでまた次回、しっかりとお伝えしたいと思います。

そこで、今日は今すぐできるワークを1つ出します。

あなたが就活でやってしまった「失敗談」を下記バナーから私に教えてください。

「面接で自分の名前を噛んでしまった」

「グループワークで一言も喋らず帰った」
など

経験を振り返ることで、自分自身を客観視することができます。

自分のことを客観視した状態であれば次回お伝えする、コミュ障でも内定が取れる学生がどういう人間なのかがすっと頭に入ってきます。

簡単なワークなので、今すぐ送ってみてください。

あなた自身の頭の整理にもなりますし、私からフィードバックもさせて頂きます。

※LINEにて「ワーク ◯◯」とと送って頂ければ大丈夫です。

そして、ワークをお送り頂ければもれなくES&一時面接突破に特化したテキストをお渡しします!

【ES&一時面接完全攻略DX】

・ESと一時面接だけに的を絞ったテキスト
・このテキストを受け取った方限定であなたの「学チカ」の添削をさせていただきます!

さらに・・・


ワークをお送りければ初回にお送りした面接突破バイブルの「テキスト解説動画」もお送りします!

テキストを100%理解することであなたの就活は大きくを前進します。

そして解説動画は、テキストの理解度が100%になるよう噛み砕いて徹底解説をしておりますのでぜひ、ご覧ください。

※テキスト解説動画は全6回構成で、本日から毎日ワークと一緒にお送りしていきます。

明日は、内定が無いコミュ障就活生に共通する原因についてお話しします。

コミュニケーション能力ではない「ある決定的な原因」あなたは知らないまま就活をしますか?

目からウロコの驚愕原因なのであなたもこの原因を知れば、今までどれだけコミュニケーション能力にとらわれてきたか痛感するはずです!

そして、あなたが今後就活でやることが明確になり、時間の使い方が激変するでしょう。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

セキ